このBlogは「侍り社」の日記のコメント頁です.トップ頁はこちら

3891 去年映画を266本観たのでベスト30を決める・その2

  前回から大体1週間後にアップ出来れば良いくらいに考えていたのですが,会社の仕事以外の書類仕事が色々とあり,だいぶ遅くなりました.旅行の計画も出て来てるのに,長文日記の方も滞っています.それはともかく,去年観た映画の20位~11位です.

20位 The Money Pit (邦題:マネー・ピット)    1986年  アメリ
  「金食い虫」と言われる不備だらけの家を買った話なのだけど,その不備の内容が現実的ではない凄まじさで,ドリフのコントは日本以外でも行われている事を知る.

19位 The Time Machine (邦題:タイムマシン)    2002年  アメリ
  死んだ恋人のためにタイムマシンで過去に戻って・・・と言う,割と分かり易い始まりから,数万年先や数十万年先の未来に行ったり,その世界がしっかり描かれていたり,今まで自分が観たタイムトラベル物では屈指の作品.

18位 Tailor (邦題:テーラー 人生の仕立て屋)    2020年  ギリシャ/ドイツ/ベルギー
  主人公は口数少なく,終始静かな雰囲気.昔気質な職人なのだが,臨機応変に対応しているところも多く,主人公への好感が映画への好印象につながった.

17位 Lagaan/Lagaan: Once Upon a Time in India (邦題:ラガーン)    2001年  インド
  スポーツで弱小とされる側が奮起して強豪に立ち向かうと言う少年マンガで有りがちな話ではあるが,クリケットが題材,小さな村の存続が関わり,インド映画と言う事もあり,あまり見ないタイプの映画として楽しめた.

16位 Top Gun: Maverick (邦題:トップガン マーヴェリック)    2022年  アメリ
  前作「トップガン」も悪くはなかったが,今作はより分かりやすく,迫力もあり,エンターテイメント性が圧倒的に増した印象.

15位 Private Life (邦題:プライベート・ライフ)    2018年  アメリ
  不妊治療と言う重いテーマを扱っているが,登場人物の苦悩や心情がしっかり描かれており,非常にクォリティの高い映画.

14位 Scarface (邦題:スカーフェイス)    1983年  アメリ
  主人公のマフィアがリアルなのかは分からないが,立ち振舞と言うか生き様がとても魅せるもので,ラストシーンの勢いで押すようなところも納得してしまう.

13位 ドラゴンボール超 スーパーヒーロー    2022年  日本
  長いシリーズの主役級のキャラが多いアニメ映画は,「今回の主人公ポジション」が居る事が多く,この映画に関してはピッコロ.昔からシリーズを知っている自分としては,映像のクォリティはとてつもなく上がり,ストーリーも良く,大人だけで観に行っても問題無い映画と言える.

12位 22 July (邦題:7月22日)    2018年  ノルウェー/アイスランド/アメリ
  ノルウェーのテロ事件を描いたノンフィクションの映画.最初からノンフィクションらしからぬ衝撃的な展開で,こんな映画的な話が実際に起っていた事に驚く.

11位 Cape Fear (邦題:ケープ・フィアー)    1991年  アメリ
  ロバート・デ・ニーロが逆恨みで復讐を実行しようと主人公?を追い詰めまくる映画.復讐の仕方にかなり知性があり,展開が読める/読めないとかそう言うのを超えて楽しめる.